藤井寛きもの

優美で華やかなグラデーション。伝統の文様は、一枚の絵のように。

京都伝統の技と心を受け継ぎ、さらには皇室の方々にお召しいただいている事でも知られる藤井寛が、下絵から染め、仕上げまでをプロデュース。

一貫した手仕事と、富宏染工ならではの匠の技が生み出すロイヤルカラー、優美さの中に華やかさを表現したグラデーションが、日本の女性を美しく輝かせます。

藤井 寛 Hiroshi Fujii「藤井寛きもの」プロデュース/富宏染工株式会社 代表取締役

1935年に下絵師 藤井桃陰の長男として生まれ。
1972年富宏染工株式会社設立し同時に工房を設立。

【代表作】
  • 皇后陛下 御訪問着(瑞雲重ね)制作従事
  • 紀宮様 御振袖(雲取典麗彩重ね)制作従事
  • 秋篠宮妃殿下 御訪問着(山取松藤慶長文様)制作従事
  • 皇太子妃殿下 御振袖(王朝典雅扇)制作従事
  • 伝統的工芸品産業功労者褒賞
  • 経済産業省製造産業局長賞 (作品はこちら)
  • 日蓮宗法音寺京都別院・法輪時本堂の格天井の制作に従事

法輪寺本堂の格天井

京都市上京区の日蓮宗法音寺京都別院・法輪時本堂に28枚に及ぶ手描き友禅の天井画を奉納。サクラやウメ、ショウブ、カエデなどの四季の花木のほか、ナスやヘチマなどの野菜の図柄が、細やかな線や多彩な色合いで表現されています。多くの方々に優美な色彩と手仕事の素晴らしさを感じていただいています。